2006年11月25日 (土)

玉ひで

玉ひで

玉ひで

給料も入ったことだし、パチも勝ったんで、行列のできる元祖親子丼屋(実際は鳥料理専門店ですな)・玉ひでに行ってきました。
昔から行きたかったんですが、東京に来てから忘れてまして。うたわれラジオ聞いて、思い出したかのようにやってきました。
早い時分から並ぶ予定が、出発が遅れて開店10分前着。
わー、かなり並んでるわ。
待つこと40分で店内へ。
折角きたので、取りあえずいいものを選んでみる。
店主または料理長のみが調理する極上親子丼をチョイス。
多少待つのは目をつぶる。
相席した江戸っ子おじさんと話を交えながら丼を待つ。
で、15分ほど待ってついにご対面!
写真をご覧ください。食欲をそそる黄金色ですぜ!
写真には写ってませんが、鳥のスープがついてます。これがまたうまい。
ラーメンのスープにしてもうまいだろうなぁ。鳥の出汁が大変滋味深い。
さてさて親子丼ですが、なんと言ってもシャモ肉!
張りがありながらも柔らかく、味が濃い!
割り下の程よい甘さとふわとろ卵のがハーモニーを奏でるわけです。
大食らいには物足りないボリュームかもしれませんが、女性は満足する量でしょう。
並んでるわ食べる価値はありますよ。
またいつか行こう。

| コメント (0) | トラックバック (0)